一人親方・職人の皆様 【岐阜県の一人親方】労災保険・雇用保険加入なら全建総連岐阜建設労働組合県本部

全建総連岐阜建設労働組合

ローカルCM 

トピックス

2020年

4月

24日

新型コロナウイルス関連情報はこちらから

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、416日には全都道府県に「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」が行われました。

 

私たちには、不要不急の外出自粛、「3つの密(密閉、密集、密接)」を避ける、手洗い・うがい・せきエチケットなど、感染しない・感染しても広げないための行動が求められていますが、こころと体の健康づくりを応援し、新型コロナウイルス感染症対策で生活に影響を受けている方々に役立つ情報がまとめられたサイトをご紹介しますので、ぜひお役立てください。

 

⇒ 新型コロナウイルス感染症対策で生活に影響を受けている方々に役立つ情報はこちら

(株式会社 法研 家庭の医学大全科ホームページ)

https://katei-igaku.jp/news/covid19.html

  

 ※緊急事態宣言が発令されている期間、ご覧いただけます。

 

2020年

4月

14日

岐阜県「非常事態宣言」発出にともなう 全建岐阜(母体岐阜県「非常事態宣言」発出にともなう・国保・労保)書記局の対応について

2020年

4月

13日

【緊急】労働保険年度更新説明会(会場での更新)中止について

新型コロナウイルス感染拡大の状況にかんがみ、4月14日(火)養老会場以降のすべての年度更新説明会を中止致します。

該当の皆様にはハガキにて中止のご案内をお送りするとともに、年度更新の方法については後日、改めてお知らせ致します。

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

 

ご不明な点は県本部までお尋ねください。

2020年

4月

09日

中津川総支部 揖斐総支部 瑞浪総支部 下呂総支部出張人間ドック延期のお知らせ

2020年

4月

08日

【重要】労働保険年度更新の会場変更について

労働保険年度更新につきまして、新型コロナウィルスの影響で会場が変更となりました。

4月8日時点での変更は下記となります。

組合員の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご対応のほどよろしくお願いします。

なお、該当の総支部の皆様にはそれぞれ郵送(ハガキ)にてご案内致します。

 

【下呂総支部】4月7日(火)中原公民館 → 中止

【揖斐総支部】4月10日(金)大野町総合町民センター → 全建総連厚生会館(県本部)

【養老総支部】4月14日(火)養老町公民館 → 養老温泉ゆせんの里(本館イベントホール)

【土岐多治見・瑞浪総支部】4月17日(金)セラトピア土岐 → オースタット国際ホテル多治見

【美濃加茂・可児・関総支部】4月24日(金)美濃加茂市文化会館 → シティホテル美濃加茂(5階)

 

※指定時間は変更ございません。

 

2020年

2月

28日

令和2年度国保保険証更新会中止のお知らせ

緊急のお知らせ

新型コロナウイルス感染防止対策のため、保険証更新の中止を決定いたしました。

保険証等は、317日以降ご自宅に送る予定です。ご不在の場合、不在通知により郵便局まで取りに行くこととなります。

 

※ご不明な点がございましたら、国保組合までお問い合わせください。

2020年

1月

28日

登録基幹技能者に対するキャリアアップカード交付に関する特例措置の終了について

建設技能者の能力評価制度では、原則として、建設キャリアアップシステム(CCUS)に技能者登録を行い、一旦はホワイトカード(レベル1)の交付を受け、その上で能力評価申請の手続きを行い、レベル1~4 のカード再交付を受ける必要があります。上位レベルの申請を行う場合は、当該レベルより下位に定められている資格も保有していることが求められます。

 

現在は特例として、すでに登録基幹技能者の資格を有している技能者がCCUSに技能者登録を行った場合、レベル2・3 の資格保有の有無にかかわらず(一社)建設業振興基金から直接ゴールドカード(レベル4)の交付を受けるとともに、能力評価制度においてレベル4 の評価を受けたものとして取り扱うこととされています。その特例措置については、今年度内(2020年3月末)で終了とすることが国交省から通知があり、来年度(2020年4月)からは登録基幹技能者であっても新規でCCUS技能者登録を行った際にはホワイトカード(レベル1)の交付を受けることになります。

 

登録基幹技能者が来年度以降にCCUS登録した場合、能力評価の申請手続き(評価手数料2,500 円・カード更新手数料1,000 円)と、下位レベルの資格が必要になってきますので注意が必要です。

 

※「年度内のCCUS登録」について、振興基金から締切日等が3月31日より前に設定される場合があります。

 

※すでにCCUS登録を行った(ホワイトカード取得)あとに基幹技能者講習を受講した方は、能力評価申請を行う必要があります。

2015年

10月

27日

全建総連情報WEBをご活用ください

 全建総連は建築専門の充実した情報提供を求める声が数多く寄せられていることを受け、インターネットを活用した建築専門情報提供サービス(全建総連建設情報WEB)を開設し、全建総連組合員専用で利用できるようになりました。
 仕事確保をはじめとした住宅政策の情報収集等にお役立てください。会員登録は無料ですが、有料会員のみ閲覧可能な部分があります。申込など詳細は県本部までお尋ねください。

 全建総連情報WEBのサイトはこちら https://zenkensoren.tatecomi.jp/

宣伝チラシ・申込書.pdf
PDFファイル 3.1 MB

2014年

1月

10日

柔道整復師の施術を受けている方にアンケートを実施しています

 皆様の保険料を財源として支給する療養費について、国保組合としても適切に支給を行うために、

接骨院等が国保組合に対して行う療養費の請求内容と実際の施術内容とが一致しているかどうかを

確認する必要があります。

 そのため国保組合では、健康保険を使って柔道整復師の施術を受けておられる方に、アンケート

を実施しています。

 内容はアンケート用紙に記載されている接骨院の受診日に、実際に受診されたかどうか等、簡単

なものですのでアンケート用紙が届いた方はご回答下さいますようよろしくお願いいたします。

柔道整復師の施術を受けられる方へ

対象となる負傷

★医師や柔道整復師の診断又は判断により、急性又は亜急性の外傷性の骨折、脱臼、打撲及び捻挫で、内科的原因による疾患ではないもの。

健康保険等を使えるのはどんなとき

★医師や柔道整復師に、骨折、脱臼、打撲及び捻挫等(いわゆる肉ばなれを含む)と診断又は判断され、施術を受けたとき。(骨折、脱臼については、応急手当をする場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です)

★骨・筋肉・関節のケガや痛みで、その負傷原因がはっきりしているとき。

 ◆主な負傷例

  ・日常生活やスポーツ中に転んで膝を打ったり、足首を捻ったりして急に痛みがでたとき。

 ◆医師や柔道整復師の診断又は判断等により健康保険等の対象にならないものの例

  ・単なる(疲労性・慢性的な要因からくる)肩こりや筋肉疲労。

  ・脳疾患後遺症などの慢性的や症状の改善の見られない長期の施術。

  ・保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷箇所で治療中のもの。

  ・労災保険が適用となる仕事中や通勤途上での負傷。

治療を受けるときの注意

★健康保険は治療を目的としたものであり、上記のように健康保険等の対象にならない場合も

ありますので、負傷の原因はきちんと伝えましょう。

★新たに他の接骨院にかかるたびに、初診料などが発生し、医療費の増加を招いています。重複受診はお止め頂きますよう、お願い致します。

★平成22年9月の施術分より、窓口支払いの領収証が無料発行されることになりました。

 医療費控除を受ける際に必要となりますので、大切に保管しましょう。

 

ページ上部へ移動する
一人親方・職人の皆様 全建総連岐阜建労(全建総連岐阜建設労働組合県本部)
〒500-8384 岐阜市薮田南3-9-5 TEL.058-274-3131 FAX.058-274-3133
Copyright (C)2001- General Federation of Construction worker's Union GIFU. All Rights Reserved.