一人親方・職人の皆様 【岐阜県の一人親方】労災保険・雇用保険加入なら全建総連岐阜建設労働組合県本部

全建総連岐阜建設労働組合県本部

ローカルCM 

トピックス

2018年

5月

16日

平成30年4月1日から靴型装具の療養費支給申請の添付書類が変わります

平成30年4月1日から、国民健康保険及び後期高齢者医療保険の靴型装具の療養費支給申請に際しては、当該装具の写真添付が必要となります。

平成30年4月1日以降に靴型装具の療養費支給申請をする場合の必要書類

 ・医師の診断書 (実際に装着確認をしたことがわかる証明書)

 ・補装具の明細が記載(または添付)されている領収書

 ・該当者が実際に装着する現物であることが確認できる写真

  (例:実際に該当者が装具を装着した写真 )

2018年

3月

05日

青年部主催FC岐阜観戦ツアー2018 募集開始!

6月23日(土曜日)18時キックオフ!

特設ページでご案内しております。

左のバナーからどうぞ。

 

2018年

3月

01日

建設キャリアアップシステムの登録料が無料になる若年者特別講習のご案内

2018年3月末まで、『2018年4月1日現在で30歳未満の組合員』を対象に、建設キャリアアップシステム(ご自身の資格取得情報などをカードで管理し、現場などで活用するシステム)登録料が無料になる特別講習を受けられます。

 

下記URLよりE-ラーニングで受講(動画視聴)→レポート提出で受講完了となります。
http://www.kensetsu-kikin.or.jp/ginou/index2018.html
★スマホ・PCから気軽に受講できます。

 

受講後、修了証とともに送られてくる専用の申請用紙で登録を申し込むと、建設キャリアアップシステムに無料で技能者登録が出来ます。

 

ご不明な点は県本部(℡058-274-3131)までご照会ください。

 

建設キャリアアップシステムの仕組みについてはこちらからご覧いただけます。

2018年

2月

20日

土岐多治見事務所移転しました

土岐多治見事務所が平成30年2月13日(火)より下記住所へ移転しました。

組合員の皆様にはご不便をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

 

新住所:509-5171 土岐市泉北山町3丁目3
電話番号:0572-55-1523(変更なし)   FAX:0572-55-1613(変更なし)

 

2018年

1月

19日

【お詫び】機関紙「岐阜建労」第196号の訂正

機関紙「岐阜建労」196号(平成30年1月発行)の『岐阜建労のクイズ86』の解答締切に誤りがございました。

【誤】締め切りは平成30年1月20日(土)必着
     ↓
【正】締め切りは平成30年2月20日(火)必着

 

組合員の皆様にはご迷惑をお掛けし誠に申し訳ありません。
深くお詫び申し上げます。

2017年

10月

24日

中津川事務所が移転いたしました

中津川事務所が平成29年10月23日より、下記の場所に移転いたしました。
組合員の皆様にはご不便をお掛けいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 

全建総連東濃東部事務所(中津川総支部)
 〒509-7201 恵那市大井町2087-79
電話番号 0573-22-9358  FAX 0573-22-9803

 

2016年

8月

02日

ミドリ安全のハーネス安全帯と防災用品のご案内

ミドリ安全のハーネス型安全帯と防災用品の紹介をします。
ご希望の方は県本部までお尋ねください。

※画像をクリックすると拡大します。


2015年

10月

27日

全建総連情報WEBをご活用ください

 全建総連は建築専門の充実した情報提供を求める声が数多く寄せられていることを受け、インターネットを活用した建築専門情報提供サービス(全建総連建設情報WEB)を開設し、全建総連組合員専用で利用できるようになりました。
 仕事確保をはじめとした住宅政策の情報収集等にお役立てください。会員登録は無料ですが、有料会員のみ閲覧可能な部分があります。申込など詳細は県本部までお尋ねください。

 全建総連情報WEBのサイトはこちら https://zenkensoren.tatecomi.jp/

宣伝チラシ・申込書.pdf
PDFファイル 3.1 MB

2015年

9月

30日

日建学院との提携について

 建設系の様々な資格取得対策講座・実務講座を割引受講できます。詳しくは県本部までお問い合わせください。

 日建学院のホームページはこちら http://www.ksknet.co.jp/nikken/

2015年

9月

24日

総合資格学院との提携について

 全建岐阜と建築・土木系資格専門予備校の総合資格学院が提携しました。建築士や建築施工管理技士、土木施工管理技士などの講座を割引受講できます。講座の説明やパンフレットを希望される方は県本部までお問い合わせください。

  総合資格学院のホームページはこちら http://www.shikaku.co.jp/

2014年

1月

10日

柔道整復師の施術を受けている方にアンケートを実施しています

 皆様の保険料を財源として支給する療養費について、国保組合としても適切に支給を行うために、

接骨院等が国保組合に対して行う療養費の請求内容と実際の施術内容とが一致しているかどうかを

確認する必要があります。

 そのため国保組合では、健康保険を使って柔道整復師の施術を受けておられる方に、アンケート

を実施しています。

 内容はアンケート用紙に記載されている接骨院の受診日に、実際に受診されたかどうか等、簡単

なものですのでアンケート用紙が届いた方はご回答下さいますようよろしくお願いいたします。

柔道整復師の施術を受けられる方へ

対象となる負傷

★医師や柔道整復師の診断又は判断により、急性又は亜急性の外傷性の骨折、脱臼、打撲及び捻挫で、内科的原因による疾患ではないもの。

健康保険等を使えるのはどんなとき

★医師や柔道整復師に、骨折、脱臼、打撲及び捻挫等(いわゆる肉ばなれを含む)と診断又は判断され、施術を受けたとき。(骨折、脱臼については、応急手当をする場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です)

★骨・筋肉・関節のケガや痛みで、その負傷原因がはっきりしているとき。

 ◆主な負傷例

  ・日常生活やスポーツ中に転んで膝を打ったり、足首を捻ったりして急に痛みがでたとき。

 ◆医師や柔道整復師の診断又は判断等により健康保険等の対象にならないものの例

  ・単なる(疲労性・慢性的な要因からくる)肩こりや筋肉疲労。

  ・脳疾患後遺症などの慢性的や症状の改善の見られない長期の施術。

  ・保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷箇所で治療中のもの。

  ・労災保険が適用となる仕事中や通勤途上での負傷。

治療を受けるときの注意

★健康保険は治療を目的としたものであり、上記のように健康保険等の対象にならない場合も

ありますので、負傷の原因はきちんと伝えましょう。

★新たに他の接骨院にかかるたびに、初診料などが発生し、医療費の増加を招いています。重複受診はお止め頂きますよう、お願い致します。

★平成22年9月の施術分より、窓口支払いの領収証が無料発行されることになりました。

 医療費控除を受ける際に必要となりますので、大切に保管しましょう。

 

ページ上部へ移動する
一人親方・職人の皆様 全建総連岐阜建労(全建総連岐阜建設労働組合県本部)
〒500-8384 岐阜市薮田南3-9-5 TEL.058-274-3131 FAX.058-274-3133
Copyright (C)2001- General Federation of Construction worker's Union GIFU. All Rights Reserved.